●徒歩登校 2007.10.22 (月)


徒歩登校

西宮北高前坂道

西宮北高前坂道

西宮北高前坂道

幾多の絵やシーンに登場する、シリーズ全体のイメージボードに近いと思われる構図。夜は京阪神の夜景が星の川のように見えて、学校を光の粒で包み込みます。昼の短い冬ほど下校時間にこの光景を目にしやすくなり、そこからシリーズにとって重要な七夕へのイマジネーションを想起するかもしれないし、作品の発想との深い関わり思わずにはいられません。

登場人物曰く「チンケ」や「ありふれた県立高」や「立地が悪すぎる」などですが、本当は日本でも数少ない平野の大都市の夜景を望める見晴らしの良い高校で、この学校や西宮市の大切な財産の一つなんだろうと思います。(作者の謙遜なのかな?と思ってしまいます)

そして吹奏楽部。作中と同じようなかすかな音色が現実に夕暮れの景観に響きわたると、なんとも言葉では言い表せない気持ちになります。

【※参考 涼宮ハルヒシリーズ/各種シーン・イラストレーション 】

■大きめの画像「開放」
西宮北高前坂道

これより記事はやや重くなっています。表示に時間を頂戴します。


( 甲陽園駅 → 夙川上流 → 西宮北高 )

まずはコインポストから。

コインポスト

コインポスト

逞しいコインポストたち。百の位が消されている……。換気扇との類似点があり。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:17 】

自転車置き場

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:18 】

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:18 】

甲陽園駅前。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱5』/アバン 00:19 】

右の「Chocolat republic」の建物の色や窓との類似点。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱5』/アバン 00:33 】

駐車場が設置されました。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:29 】

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:32 】

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:36 】

失礼します。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:42 】

開発が徐々に進んでいます。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/Aパート 08:52 】

谷口と一緒に登校するシーンです。

【○参考 映像/『サムデイインザレイン』/Bパート 長門の日常その2 15:50 】

銀水橋から夙川を望む。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:47 】

夙川のほとりから。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:50 】

夙川短期大学前。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:53 】

道路の白線の形状も、きちんとアニメに描かれています。

画角を広げるとこうなります。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 00:58 】

中央のマンションの形。その右隣が夙川短期大学です。

【○参考 映像/『サムデイインザレイン』/Aパート みくる撮影会開始!! 07:43 】

道路を夙川に沿って登っていきます。ここまで来ると川も細くなり、谷の底で渓流のようになっています。 この道は、宝探しや、文化祭の映画撮影に出かけるときに使うバスが通る道と同じです。

前方のT字路を左に曲がります。車両は進入禁止です。

左が私立高校の正門、直進すると西宮北高方面です。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 01:04 】

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱1』/アバン 01:16 】

本日は偶然にも近隣の学校の運動会でした。

さらに坂を登ります。

旧館跡の再建された校舎です。

自然と調和した外観の体育館。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱』/オープニング】

左が坂道、右が正門へと続きます。

休日の静かな正門前。2007年12月18日の公式サイト消失で、彼女が時空改変をする場所はこの正門前がモデルになります。したがって2人組が飛び出す位置は売店のある南の路地からと推測できます。


拡張記事
舞台周辺の環境と追記

西宮北高最寄り駅の柏堂町です。この辺一体は甲山森林公園に続く北山の周辺で、ハイキングや観光客を時折見かけます。

近くに植物園があります。

夙川方面です。

道中、公園があります。設備はありません。ごみは持ち帰りましょう。

公園付近からの風景。

左が柏堂町バス停方面、右が西宮北高方面です。

橋の上から大阪方面の風景。

さらに高い場所から。大阪梅田や難波、さらに奈良県の県境である生駒山地まで望めます。

大阪湾を一望。空気のよい日は、湾を越えて泉州地方、果ては和歌山県の県境である和泉山脈まで望めます。

長門有希

その他記事
(関連ブログ内リンク、コメント、関連サイト)

■大きめの画像(校舎関連は差し引いてあります)
HS_TT_A0016_1280.jpg HS_TT_A0023_1280.jpg HS_TT_A0019_1280.jpg HS_TT_A0033_1280.jpg HS_TT_E0004_1280.jpg HS_TT_A0029_1280.jpg HS_TT_A0032_1280.jpg HS_TT_A0036_1280.jpg HS_TT_A0047_1280.jpg HS_TT_A0053_1280.jpg HS_TT_E0006_1280.jpg HS_TT_A0058_1280.jpg HS_TT_E0007_1280.jpg HS_TT_E0008_1280.jpg HS_TT_E0009_1280.jpg HS_TT_E0010_1280.jpg HS_TT_X0001_1280.jpg HS_TT_E0017_1280.jpg HS_TT_E0038_1280.jpg
■関連ブログ内リンク
■コメント

どんなに画角の広い写真をもってしても、この景観のインパクトをなかなかお伝えできないのが残念です。

現地を訪問される場合、静かな休日、とくに日曜日がお勧めです。遠方からタイトなスケジュールでこられる方や、女性の方は無理をせず、バスのご利用をお勧めします。また荷物はできるだけ軽く(トートバッグ等)し、少人数で訪問するのがポイントです。駅前から男性の足で徒歩で25分、歩数にして2500歩ほどです。

当ブログでは、西宮ACTAのジュンク堂の特設ブース(現地訪問マップ付き)や、その他西宮市関連の掲載物に呼応して、現地訪問については肯定の立場を取っています。現地の事情に詳しくないと思われるインターネット上のネガティブな情報に気負いせず、普通に見学や観光すればいいかと思います。

■関連サイト
TrackBack:0Comment:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://safumi.blog.fc2.com/tb.php/25-a6f5007a
この記事にトラックバックする


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


~ okamikaikou @tyauke ~

FC2Ad