甲陽線 沿線 2008.04.14 (月)


甲陽線 沿線

夙川公園から甲陽線に沿って甲陽園駅へと歩いていきます。 涼宮ハルヒシリーズの中でも、特に重要なエピソードが集中する興味深い地域の一つです。 (この記事では、写真の撮影時期や時間帯が前後しています。予めご了承ください。)

原作より代表的なエピソードを……。

【〆参考 角川スニーカー文庫/『涼宮ハルヒの憂鬱』/P218・P224~228】

【〆参考 角川スニーカー文庫/『涼宮ハルヒの退屈』『笹の葉ラプソディ』/P100~103】

【〆参考 角川スニーカー文庫/『涼宮ハルヒの動揺』/P264~268】

【〆参考 角川スニーカー文庫/『涼宮ハルヒの陰謀』/P332~333】

■夙川公園周辺

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱3』/Bパート「みくるちゃんとデート!?」12:00 】

北向き。

北向き。土手です。

東向き。アニメのオープニングで登場する送電線です。「電」という文字を僅かに確認できます。

南向き。…

北向き。公園付近の県道、大沢西宮線、名次町です。道路の進行方向に向かって見える山が甲山です。

北向き。公園を北に向かって歩きます。

北向き。苦楽園口駅付近

北向き。階段を上ると、私鉄の沿線と平行して走る道に出ます。

■大きめの画像
夙川公園や県道が、 甲陽線沿線と交差する付近も物語に関係した場所が多くありそうです。各場所に番号を振り、画像へのリンクを掲載いたします。
(1)
(2)
(3)
(4)
(5)
(6)
(7)
(8)
(9)

北向き。私鉄の沿線と平行して走る道路。

北向き。大社中学校正門です。

南向き。

南向き。

東向き。グラウンドに直通する裏門です。

北向き。私の撮影したハルヒ関連の写真の中でも、最も古い時期の構図です。 やはり背後に甲山が見えます。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱5』/Aパート「涼宮ハルヒの憂鬱」09:50 】

西向き。

二人が向かっている先は満池谷墓地です。活動を休んでまでマンションに向かい、長門を素っ気無くあしらい、口数無いまま二人で踏み込んだSOSの死、転落していくさまが静かに表現されていきます。朝倉涼子と出会うためならば、たとえ死後の世界でも……と、感じざるを得ないほど、ハルヒは一点を見つめているのが印象的ですね。踏み切りを、生前と死後との世界を分ける境界と見立ててみたり、列車の通過によって通行が遮られる様子を、憂鬱6の閉鎖空間の予兆と暗示してみたりと、視聴者ごとに様々な見方ができそうな興味深いシーンです。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱5』/Aパート「気をつけて…」06:50 】

北向き。画像を変形。

北向き。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱』/オープニング 】

南向き。オープニングの沿線写真に近い構図です。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱5』/Aパート「気をつけて…」06:36 】

北向き。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱5』/Aパート「気をつけて…」06:29 】

北向き。右手の民家との類似点。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱2』/Bパート「今日、本、読んで…!」44:10 】

南西向き。

【○参考 映像/『涼宮ハルヒの憂鬱5』/Aパート 02:07 】

タイトルテロップ。

南向き。これより北へ向かうと甲陽園駅です。

「憂鬱2」の午後7時の待ち合わせ場所付近にある、大沼公園です。

■大きめの画像
■ブログ内リンク

●涼宮ハルヒシリーズの写真

TrackBack:0Comment:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://safumi.blog.fc2.com/tb.php/67-340e3d22
この記事にトラックバックする


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


~ okamikaikou @tyauke ~

FC2Ad